札幌 子育て情報局
*

札幌ではじめての「妊婦健診」 費用は?回数は?どんな事するの?

はじめての「妊婦健診」

スポンサードリンク



何をされるのかドキドキ!

「妊婦健診」って、どんな事するの? 費用は? 回数は? そもそも「妊婦健診」って何?

妊婦検診って、定期的に、必ず行かないといけないものなの?

妊婦健診の時の服装は?

など、 不安も聞きたいことも、た~くさんあると思います。

「さっぽろ子育て情報局」では、今回特集として、今あなたが知りたい「妊婦健診」の内容や、頻度、妊婦健診にかかる費用などについてまとめました♪

特に妊婦健診にかかる費用などは、札幌市の情報に特化した内容になっております♪
妊娠期間を健康に過ごすために!そして、無事に元気な赤ちゃんを出産できるように!
参考にして下さい♪

そもそも「妊婦健診」って何?

妊娠期間中の、お母さんと赤ちゃんのための「健康診断」。
それが、妊婦健診(=「妊婦健康診査」)です。

「妊婦健診」のそもそもの目的は、お母さんの健康状態と赤ちゃんの発育状態を定期的にチェックすることで、安心・安全に妊娠期間を過ごすことです。
                

元気な赤ちゃんを出産するためにも、そして何より、生まれてくる我が子のためにも、お母さんの体調管理をしていきたいものです♪

特に日本の「妊婦健診」というのは、世界的にみても綿密に行われているので、もし「妊婦健診」で、お母さんor赤ちゃんに異常が見つかった場合、早期に適切な対応を取ることができるというメリットもあるのです。

また「妊婦健診」は公的な補助制度によっても守られているので、各地域の助成制度を使えば、費用の負担も非常に軽く済みます。

なぜ妊婦健診を受ける必要があるの?

「妊婦健診」のそもそもの目的は、お母さんの健康状態と赤ちゃんの発育状態を定期的にチェックすることで、安心・安全に妊娠期間を過ごすことです。
                

定期的にチェックすることで「正常な妊娠の経過を確認」したり、「ハイリスク妊娠の早期発見」をすることができます。
また「妊娠中に発症する各種合併症の予防」といった大きな目的もあります。

妊婦健診はいつ受けるの? 何回位受ける必要があるの?

妊婦健診を受ける回数は、妊娠初期、中期、後期によって、健診の間隔に違いがあります。
下記の表を参照。

妊娠周期 回数(目安)
妊娠初期~妊娠23週まで
4週間に1回
妊娠24週~妊娠35週まで 2週間に1回
妊娠36週~出産まで
週1回

※札幌市の場合、望ましい健診回数・項目について、妊婦健診費用の一部を公費負担する制度があります。
 病院で妊娠届出書を書いてもらい、お住まいの区の保健センターに行くと、母子健康手帳と一緒に「妊婦一般健康診査受診票」をもらうことが出来ます。

札幌市~妊婦健診の助成対象となる検査項目

札幌市では、14回分の妊婦健診で利用できる「妊婦一般健康診査受診票」を、母子健康手帳と一緒にもらえます。

※「妊婦一般健康診査受診票」とは、妊婦健診費用の一部を公費負担する受診票です。(=妊婦健診費用の一部を無料で受けることができる券です。)

札幌市の「妊婦健診の助成対象となる検査項目」は、下記の表を参照下さい。

妊婦健診って、どんな事するの?

妊婦健診で、毎回決まって行う検査は、

「問診・診察、血圧・体重測定、尿検査」です。

妊娠初期~妊娠23週前後までは、「4週に1回」の頻度で健診があります。

この時期は、毎回決まって行う検査以外では、

・血液検査

・クラミジア検査

札幌市では2016年(平成28年)4月から、下記の2つの検査が、助成対象となる検査として増えました。

・不規則抗体検査

・子宮頸がん検診

妊娠初期~妊娠23週前後まで(4週に1回)
1回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
・血液学的検査(末梢血液一般)
・ABO血液型、Rh血液型
・B型肝炎抗原
・C型肝炎抗体
・梅毒血清反応
・グルコース(血糖)
・HIV抗体価
・風疹ウイルス抗体価
・末梢血液一般
・不規則抗体検査(2016年4月から追加)

2回目 ・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
・クラミジア検査
・子宮頸がん検診(2016年4月から追加)
3回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
4回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査

スポンサードリンク



妊娠24週~妊娠35週前後までは、「2週に1回」の頻度で健診があります。

妊娠24週~妊娠35週前後まで(2週に1回)
5回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
・常用負荷試験(血糖)
・HTLV-1抗体検査
・末梢血液一般
6回目 ・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査

7回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
8回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
・超音波検査
9回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
10回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
・B型溶血性レンサ球菌検査(GBS)

妊娠36週前後~分娩までは、「1週間に1回」の頻度で健診があります。

妊娠36週前後~分娩まで(1週間に1回)
11回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
・末梢血液一般
・HTLV-1抗体検査
12回目 ・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査

13回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査
14回目
・問診、診察、血圧、体重測定、尿検査

妊婦健診の費用は?

札幌市に、住民登録がある妊婦の方は、「健診費用の助成」を受けることが出来ます。

※ 札幌市では、14回分の妊婦健診で利用できる「妊婦一般健康診査受診票」を、母子健康手帳と一緒にもらえます。

※「妊婦一般健康診査受診票」とは、妊婦健診費用の一部を公費負担する受診票です。(=妊婦健診費用の一部を無料で受けることができる券です。)

「妊婦一般健康診査受診票」は妊婦健診費用の一部を無料で受けることができる受診票ですので、
特別な検査がなければ、毎回、無料~5,000円位の自己負担額で妊婦健診を受けることができます。

助成額としてはかなり大きな金額となるので、妊婦健診時には必ず持参するようにしましょう♪
                    
※助成対象となる検査項目については、下記を参照下さい。↓

札幌市~妊婦健診の助成対象となる検査項目

里帰り分娩のときも助成されるの?

里帰り分娩、つまり札幌市外の産科婦人科や助産所を利用する場合は、受診に要した費用の一部を申請により助成されますので、まずはお近くの保健センターで詳細を確認してから、市外の産科婦人科や助産所を利用することをおススメします。

札幌市(10区)保健センター アクセスマップ

中央区東区   | 西区   |
南区  | 北区   | 清田区
厚別区白石区豊平区
手稲区